• Img_1663

月の井

2011年10月 1日 (土)

月の井 ひやおろし

 
JR有楽町駅前にあります、

東京交通会館地下1階にあります、

后バー有楽さんで

月の井 純米吟醸ひやおろしを頂きました。
 

Dscn0187

ひたち錦という茨城県産のお米とひたち酵母で作った

純茨城産のお酒で、

純米吟醸で優しい吟醸香と酸味がある味わいのお酒です。
 
おつまみで取った漬物の盛り合わせにも良く合いました。
 
2杯目は
 

Dscn0130

開運 純米吟醸赤磐雄町を頂きました。
 
岡山県産の赤磐雄町を使用しているお酒で、

こちらも控えめな果実の香りと余韻の甘さを感じるお酒でした。
 
 
次は

Dscn0037_1



初緑 特別純米ひやおろしを頂きました。

岐阜県産のひだほまれを使用していて

酸味を感じるのが特徴で、のどごしの酸味が特に

もう少し飲みたくなる味わいでした。
 
 
次の予定がありましたので、

今回は3杯でお店を後にしました。
 


2011年4月27日 (水)

越後屋甚内 月の井の日のお知らせです。

 
汐留にあります

越後屋甚内さんにて

5月10日に茨城県大洗町にあります月の井酒造店さんの

震災復興フェアーを開催します。

午後5時以降からになりますが、

月の井さんのお酒が飲み放題で2500円(内500円は復興支援金)

当日は月の井酒造店さんの坂本社長さんもお越しいただきます。

月の井さんのお酒を楽しみましょう。

お問い合わせ、御予約は

干物炭火焼食堂 越後屋甚内03-6280-6625まで


2010年10月20日 (水)

日本酒を楽しむ秋の夕べ 月の井

 

日本酒を楽しむ秋の夕べ 月の井編を

11月6日 土曜日に開催します。

 

会場は広尾にあります「やさし也さい」さんです。

 

日時 11月6日 土曜日

    午後7時~

会費 6000円(税込)

    お料理、日本酒(月の井)

会場 やさし也さい

    渋谷区広尾5-2-24

    本国ビル地下1階

    TEL 03-6450-3834

 

茨城県の月の井酒造店の坂本社長さんにお越し頂いて、

月の井さんのお酒「月の井」「和の月」とやさし也さいの菅

料理長の野菜を中心としたお料理でお楽しみいただきます。

 

秋の夜長を楽しみましょう。

 

お申し込みはこちらからも出来ます。

https://rise-information.com/event/EventDetails.aspx?P1=00002&P2=001&P3=a

 

 

2010年6月28日 (月)

週刊文春

 

週刊文春6月24日号(6月17日発売)を

何気なく見ていたら、

 

最後のページ前に

おいしい!私の取り寄せ便に月の井さんが出ていました。

 

Photo

紹介者は向笠 千恵子さん

紹介されているお酒は

有機純米の和の月(なのつき)精米60%

 優しい味わいの純米酒で、18度ぐらいの温度で

 飲むのが好きです。

 お燗の好きな方は42度ぐらいがお勧めですが、

 私は少し詰めたくして飲むのがお勧めです。

 

もう1品は

和の月(なのつき)の酒粕を使ったからし漬けです。

このからし漬けも

山形、月山ファームの民田茄子のからし漬けです。

これがまた、ピリ辛ですが、

和の月に良く合うのです。

 

この組み合わせは絶妙なんです。

 

 

記事を知らなかったのは残念!

 

ただ、この記事で、からし漬けは今品切れ中で

予約受付中とのことで、7月20日頃入荷とのことです。

和の月との組み合わせの注文が多いそうです。

 

お問い合わせは月の井酒造さんへ

 

 

2010年5月24日 (月)

月の井酒造店さんの春の宴

 

22日に茨城県大洗町にあります

月の井酒造店さんの蔵の2階で月の井春の宴がありました。

 

もう5年ほど開催していました、

楽しみにされている方も多くいらっしゃいます。

 

昼の部と夜の部の2回開催で

120名のお客さんがいらっしゃいました。

 

Dscn3589_1

麹蓋のテーブルです。

 

Dscn3592_1

お燗酒のコーナーは和の月と月の井特別純米です。

お燗番は製造部の山田さんが担当されました。

 

 

 

 

 

Dscn3594_1

 

 

 

 

 

Dscn3598_1

最初の野菜は

土に見立てたおからです。

水分を取るためオーブンで3時間焼いて、コーヒーの

粉を混ぜています。

食べれます! 皆さん食べていました?

 

野菜の味わいを感じていただきました。

 

Dscn3597_1

お造りは伊勢えびを中心に

 

 

Dscn3603_1

煮物は地元、茨城の農産物を、

お造りも地元の漁港で揚がった魚です。

 

そのあと、焼き物、揚げ物が出て、

 

鯛ご飯です。

 

地元で、スイーツを作っている方のデザートも

和の月、月の井を使用していました。

 

 

月の井とお料理を堪能して2時間半の宴は終了です。

途中が画像を取り忘れてしまいました。

 

 

 

Dscn3611_1

今回の料理をされた方々を

齋藤 章雄さん(一番右)

東京マイスターを受賞されていて、

コンラッド東京 和食風花の前統括料理長から

ご紹介をいただきました。

 

齋藤さんのお弟子さんになる方々で、

コンラッド東京 風花の料理長

銀座しゃくしゃくの料理長

新丸ビルのとん風の料理長

三菱1号館のたまさかの料理長

などをされている方々です。

 

お料理と月の井に堪能した夜でした。

 

 

 

 

 

2010年1月16日 (土)

東京新阪急ホテル築地でのイベント

 

1月23日24日に

東京新阪急ホテル築地の日本料理「明石」にて

茨城県大洗町の「月の井酒造店」さんの

オーガニック日本酒「和の月」、「月の井」との

コラボレーションの和食を楽しむ賞味会が

開催されます。

 

24日は月の井酒造店の坂本社長さんにも

お越しいただいて、酒蔵の話や酒造りの

話をしていただけるようです。

 

時間 14:00~

会費 9.000円(お土産付きです)

詳細、お申し込みは下記のページから

http://hotel.newhankyu.co.jp/cgi-bin2/cms2/event.cgi?hid=07tshhtsukiji&page=plan&code=NwwYDFItod

2009年8月15日 (土)

またまた新丸ビル

また、新丸ビルへ

今回は5階にあるお店です。

 

お世話になっている料理長のお弟子さんが

店長をしているお店です。

 

ガーデン席が無いので野外ではありませんが

燻しのお料理と豚肉がメインのお店なんですが、

 

Kc3b0259_2

今回は女将さんにお願いして、

お肉と野菜の燻製にしていただきました。

伊賀焼きの土鍋で燻製を作っていただきました。

玉葱、さつまいも、三元豚の甘さにびっくりです。

塩、ゆず胡椒でいただきました。

 

他にも

かつおの土佐造りの燻製も美味しく、

ついつい日本酒を飲みすぎました。

日本酒は、茨城県の月の井酒造店さんの

「月の井 夏純米 生」

さわやかな夏のお酒でした。

 

今回、野菜と魚介の燻製が食べれなかったので

次回はこちらの燻製を頼みたいですね。

 

和食豚肉料理 とん風(とんぷう)

東京都千代田区丸の内1-5-1 新丸の内ビルディン5F

http://www.tonppu.com/

http://r.gnavi.co.jp/a634260/

 

 

 

2009年7月24日 (金)

呑み切り

7月15日に茨城県大洗町にあります

 

月の井酒造店さんの呑み切りに伺いました。

 

茨城県は農業県ですが、

 

水戸から大洗までの

鹿島臨海鉄道からの田んぼ綺麗です!

Dscn2140

緑のじゅうたんが広がっていて、

秋には黄金色のじゅうたんに変わります。

 

Dscn2144

時間も無かったので、食堂で

全部で20種類のきき酒です。

 

大吟醸は出品酒もタンクも変わらずに美味しくて

午前中の呑み切りでも言われたそうですが

何で金賞でないのか不思議でした。

香りもよく、味わいもバランスがよくて、

口中の後味も綺麗になくなって行きます。

杜氏さんもきき酒の順番もあるからと

おっしゃっていました。

 

Dscn2145

この純米美味しかったです。

今回の中でお勧めです。

夏純米という商品になっているそうです。

旨みもあってキレ味もあるお酒でした。

 

  

 

2009年5月26日 (火)

月の井春の宴

5月23日に茨城県大洗町の月の井酒造店さんで

茨城県産の食材と月の井を楽しむ会がありました。

酒蔵の仕込み蔵の2階で昼と夜の2回の開催です。

Dscn1779_1

60名のお客さんで、今回も料理は齋藤料理長です。

Dscn1778

野菜は茨城県鉾田産を使用、常陸牛、常陸ポーク

も使用しています。

Dscn1788_1

Dscn1799

地元の漁港で揚がった魚を使って

Dscn1801

Dscn1794_1

途中で雅楽の演奏があり

Dscn1789_1

焼物は西京焼き、うどなどがありました。

Dscn1790_1

鮨は特設カウンターで

Dscn1802_1

雅楽を演奏していただいた方と記念撮影

2009年4月 4日 (土)

大洗 月の井酒造店さんのきき酒会

4月4日に月の井酒造店さんの新酒と市販酒の酒屋さん飲食店さん対象の

きき酒会があり、前日から大洗へ

Photo

大洗に夕方到着して、蔵の方々と翌日の準備を

夜は大洗の新鮮な魚と月の井で、体を整えて、早めに休みました。

Photo_2

宿泊したホテルは太平洋が一望できる大洗ホテル。

日頃聞かない波の音で眠れず、

睡眠不足です。

朝5時には明るく、

Photo_3

寝不足のおかげで、朝日を見ることができました。

4日は早朝から準備が始まりました。

きき酒は午前10時から午後4時までです。

Photo_4

Photo_5

今日のきき酒は市販酒が19種類蔵内の新酒が14種類です。

きき酒のあとは、軽いお食事を用意しています。

Photo_6

Photo_7

Photo_8

齋藤さんのお願いして軽食を出していただきました。

昨日から、早朝から仕込みをして頂き、

鰆 和の月粕漬け、鳥と白葱あきやき、浅蜊琥珀寄せ

小菜とうす揚げ炒り煮、空豆塩ゆで、鰻細巻き、

かんひょう細巻き、赤飯、月の井粕奈良漬け

と以上の献立を召し上がっていだきます。