• Img_1663

天山 七田

2012年5月30日 (水)

佐賀 小城

 
今年も佐賀に蛍を見に行きました。

場所は佐賀県小城市です。

天山、七田の醸造元の天山酒造さんの蔵の前を流れる

祇園川で蛍を見に行きました。

Img_1634

夕方になって少し曇ってきたのですが、25度を超えて

いて、日差しも東京に比べると強い感じがしました。

暗くなるのが夜8時を過ぎてからなので、

蔵見学をした後、

夕食に鯉料理を食べに行きます。

その前に、

清水の滝を見物に

その前に、清水観音にお参りに行きました。

清水の滝の降り口にあります。 

展望台からは、佐賀市内が見渡せます。

Img_1635

麦の収穫時期で黄金色に色づいて点在していました。

そして、清水の滝へ向かいました。

Img_1636

落差75mの滝のしぶきと冷気で

キリッと引き締まりました。

夕食は白滝さんへ鯉料理を食べに行きました。


Img_1639

毎回、食べて感じますが、

鯉というよりは、鯛のようです。

清水の滝の水で1か月ほど泥を抜いているそうです。

小城に行かれる時はお勧めです。

食事をして、暗くなるのを待ちました。

そして、午後8時半ぐらいから

蛍見物をしました。


沢山の蛍にご一緒された方も皆さん感動されていました。

「百聞は一見に如かず」だと思います。

蛍の乱舞は毎年5月末から6月上旬の2週間ぐらいです。


2011年10月29日 (土)

天山酒造さん

 
佐賀県の天山酒造さんにお伺いしてきました。
 
岩の蔵という、九州地域限定のお酒を販売する酒屋さんの

勉強会です。
 

Dscn0257

蔵の前は祇園川という川で、5月下旬から6月上旬にかけて

源氏蛍が乱舞します。

奥の一番高い山が社名にも銘柄名にもなっています天山です。 
 

Dscn0260


煙突にも天山のロゴが、

Dscn0251

七田社長が岩の蔵の取扱いの酒屋さんへの

あいさつとお話しです。
 
この後、今後の酒屋さんの状況などのお話しをさせて

頂きました。 
 
 
 

2010年11月10日 (水)

第2回純米酒大賞

 

11月7日に第2回 純米酒大賞2010の審査がありまして

121点の審査に参加してきました。

 

純米酒大賞選定委員会 主催です。

 

審査員の方々8名(私を含めて)です。

 

精米歩合別に5部門に分かれての審査です。

 

各部門の結果は下記のページを参考にしてください。http://www.fullnet.co.jp/junmaisyu_taisho/2010/2010jusyoshu.html

 

毎年美味しい純米酒が出てきているので、点数に迷いますが、

 

美味しいお酒が増えているのでうれしいですね。

 

 

皆さんの飲んでいるお酒も有りましたでしょうか?

 

 

2010年6月 8日 (火)

天山酒造さんへ

 

福岡、大宰府天満宮にお参りをして

 

昼食は、久留米の丸星ラーメンに寄って

天山酒造さんへ

 

Dscn3648_1

天山酒造さんの前の川が祇園川です。

この川で蛍が乱舞が見られます。

奥の山が天山です。

 

Dscn3649_1

事務所を改装して、

きき酒やバーの設備を作りました。

Dscn3646_1

Dscn3662_1

仕込み水も飲めるようになりまして、

バーには、歴代の甕がずらりと並んでいて

壮観です。

 

Dscn3645_1

ショップもつくり、以前の木箱が見つかり、

棚になっています。

 

Dscn3667_1

蔵を見学した後は、七田のきき酒です。 

 

Kc3b0557_1

蔵見学の後は、夕食を

(蛍は暗くなるまで待たないといけないので)

天山の蔵のある

小城市は鯉料理も有名で

 

今回も白滝さんで

鯉の洗い 清水で2週間以上泥抜きをしてから

出していただいているので、臭みは無く、

こりこりとしています。

 

Kc3b0558_1

一人一皿で、食べ応えがあります。

天山の夏吟と一緒にいただきます。

酢味噌でもしょうゆでもお好みで鯉の洗いに漬けて

食べますが、どちらも少し甘めなので

天山夏吟が甘みを消してくれます。

 

このあと鯉こくをいただいて、

周りも暗くなり、蛍を鑑賞に行きました。

 

昼間は風があったのですが、

夜になって風も無くなり、蛍も飛び始めました。

Kc3b0560_1

蛍の画像はなかなか撮れないので

蛍の光だけも見てください。

 

蛍鑑賞の後は、

 

佐賀市内ののなかのさんへ

佐賀の潟でとれた、

くつぞこ、あげまきをいただき

佐賀の夜を楽しみました。

 

また来年も行きたいですね

 

皆さんもご都合があいましたらご一緒に

 

2010年5月15日 (土)

佐賀 天山さんへの蛍ツアー

 

今月29,30日で

佐賀県の天山酒造さんへ蛍、蔵見学に行きます。

 

今回はトップツアーさんのツアーではないのですが、

トップツアーさんからご紹介されて、

福岡空港からレンタカーにて移動します。

 

工程は

5月29日 ANA247 羽田9:45発 福岡11:35着

到着後はレンタカーにて移動します。

 

宿泊は ニューオータニ佐賀(シングル朝食付き)

5月30日 ANA260 福岡16:30発 羽田18:10着

ビックホリデーANAスカイフリーのパックツアーで

飛行機と宿泊で31,500円です。

あと、レンタカー代、食事(昼、夜、昼)が別途掛かります。

 

ただ、残数が少ないようなので、ご希望の方は、

お早めにメール下さい。

トップツアーさんにご連絡します。

 

佐賀の天山さんは毎年酒蔵で蛍コンサートをしている

のですが、今年は6月5日にコンサートがあるのですが

いけないので、

5月29、30に蔵見学、蛍鑑賞、

天山さんのある小城市は鯉料理が有名で、鯉を

と思っています。

 

また、報告はこのブログでお知らせします。

 

 

2010年1月22日 (金)

佐賀の夜

 

佐賀の夜は、

以前も行きました「のなかの」さんへ

個室があり、昭和40、50年代を感じさせる

レトロな感じの内装です。

 

今回は、「たいらぎ」を頂きました。

有明で取れる貝なんです。

 

Dscn2917_1

たいらぎの「びら」といわれる部分の

ポン酢と大根おろしとまぶして食べます。

少しこりこりした食感です。

 

Dscn2920_1

お刺身の盛り合わせを、

有明海と玄界灘の海の幸を楽しむことが

出来ます。

烏賊、うに、あわびなどと一緒に、

たいらぎの貝柱(あわびの上にあるもの)も

出していただきました。

 

お酒はやはり天山なんですが、

九州で限定している「岩の蔵 純米吟醸」です。

2月には「岩の蔵 純米吟醸無濾過」も限定発売

しますが、今回は岩の蔵 純米吟醸を常温で、

「天山 超辛口」を45度ぐらいの熱燗で

楽しみました。

 

お燗にあわせて、

Dscn2921_1

「たらの芽のてんぷら」を頂きました。

ちょっと青くえぐいところと、お燗が良く合いました。

 

Dscn2924_1

最後にしゃぶしゃぶを頂きました。

ちょっと食べすぎてしまいました。

 

その後、2軒ほど、

  

楽しい時間を過ごしました。

同じ誕生日の方にもお会いできて、

 

佐賀に又行きたくなって来ました。

 

 

のなかの

佐賀市大財1-6-68

TEL 0952-20-6384

 

 

 

 

2010年1月21日 (木)

天山酒造さん

 

浜松から新幹線、特急を乗り継いで、

5時間半

天山酒造さんのある小城駅に着きました。

Dscn2902_1

小城駅から車で10分ほどで、天山酒造さんです。

雨も降り出してきました。

 

天山酒造さんでは酒屋さんの勉強会が開かれていて

蔵の中で説明をしていました。

Dscn2906_1

Dscn2915_1

後藤杜氏ともお会いしてきました。

エンジニア出身で、蔵の中の装置も自分で作る

ことができる、スーパー杜氏です。

 

2009年12月23日 (水)

七田さんからのメール

 

佐賀の天山酒造の七田さんから

七田」の仕込み状況のおしらせのメールが届きました。

  

七田の仕込みの状況と画像です。

お世話になっております。
天山酒造の七田です。

佐賀も先週は4日続けて、雪が降りまして・・・
酒蔵の背後にそびえたつ天山もすっかり雪化粧です。

Photo

私が以前、冬に伺ったときはいつもこんな風景だった

ように思います。

天山おろしが冷たいのです。

 

22日に七田のニューフェイス「七割五分磨き 雄町」を
仕込みました。蒸米の状態もよく、気温も低かったので
いい留仕込みになったと思います。

3 

七田 七割五分磨き 山田錦 の留後三日目の画像

 

また、すでに仕込んでいる「七田」の無濾過生用の醪も
元気良く醗酵中です。
今年は地元の契約栽培の山田錦が特等になり、全体的に
米の出来が良いので溶けすぎないように気をつけています。

5 

この画像は七田 純米 の留後五日目

  

 

 

 

9

七田 純米吟醸 の留後九日目の画像

 
 

来年の1月18日から無濾過生は出荷が始まるようです

新酒が楽しみです。

 

2009年10月 9日 (金)

一番挽き よしみやさん

 

先月29日に

川崎市で、田園都市線鷺沼駅近くにあります

一番挽き よしみやさんで

佐賀県の七田を楽しむ会がありました。

 

3ヶ月に1回お店のメインの酒蔵さんをお呼びして

よしみやさんの蕎麦と、日本酒と酒蔵さんの近く

の食材を使ってのお酒の会です。

 

 

Dscn2300

今回は、七田さんの地元の食材、

柚子、佐賀海苔、酒粕を使った貝柱の粕漬など

を使って

生海苔蕎麦、柚子きり蕎麦、

 

などなど、いろいろと嗜好を凝らしての

つまみをご用意していただきました。

 

蕎酔会(きょうすいかい)という名前での会も

今回で19回目

 

毎回案内とともに一杯になる会で、

キャンセル待ちのお客さまもいらっしゃるようです。

 

次回は新潟県の鶴齢さんです。

 

楽しみです。

 

お蕎麦も美味しいお店なのでお近くの方は是非!

http://www.e-4438.com/

2009年8月27日 (木)

鴨ロース

鷺沼のお蕎麦やさん「よしみや」さんにて

 

鴨ロースを

 

Dscn2198

七 田 夏純」と鴨が良く合います。

 

もう、夏純もそろそろ終了だそうですが、

 

今ぐらいが飲み頃でした。

 

鴨の油をお酒が程よく流してくれました。

 

 

より以前の記事一覧