• Img_1663

獺祭

2016年4月29日 (金)

獺祭




獺祭の米粉と酒粕とお酒を

使った

獺祭カンパーニュ

神戸屋レストラン15店舗で発売中

もちもちして美味しいです。



2016年3月 8日 (火)

かわうその蔵

是非ご覧下さい
周南市出身の方が歌っています。


http://youtu.be/dabRae87tHM

2011年5月26日 (木)

かわうそ寄席

 
毎年恒例の

獺祭さんの精米工場で開催する、かわうそ寄席のお知らせです。

日時は 7月10日(日曜日)

     午後3時半~午後5時   寄席
     午後5時半~午後6時半 懇親会

     三遊亭 鳳楽師匠の江戸落語を楽しんでいただきます。

会費は 寄席   3000円 100名限定
      懇親会  2000円  70名予約順限定です。

詳細は旭酒造さんへ




2011年1月24日 (月)

獺祭新酒の会 東京

 

毎年恒例になっています、獺祭新酒の会東京が

2月18、19、20日の3日間に開催! 

(今年は3日になりました)

 

会場は今までどおり、都市センターホテル

会費は4000円

 

獺祭の全アイテムが飲むことが出来る会です。

自分の好きな獺祭を探すことが出来ます。

2月18日(金曜日)と2月19日(土曜日)は18:30~20:30

2月20日(日曜日)は15:30~17:30

 

詳細、申し込みは下記からでも出来ます。

https://rise-information.com/main-page.aspx

 

 

2010年11月10日 (水)

第2回純米酒大賞

 

11月7日に第2回 純米酒大賞2010の審査がありまして

121点の審査に参加してきました。

 

純米酒大賞選定委員会 主催です。

 

審査員の方々8名(私を含めて)です。

 

精米歩合別に5部門に分かれての審査です。

 

各部門の結果は下記のページを参考にしてください。http://www.fullnet.co.jp/junmaisyu_taisho/2010/2010jusyoshu.html

 

毎年美味しい純米酒が出てきているので、点数に迷いますが、

 

美味しいお酒が増えているのでうれしいですね。

 

 

皆さんの飲んでいるお酒も有りましたでしょうか?

 

 

2010年10月18日 (月)

山口獺祭の会

 

今年で3回目になります山口獺祭の会が開催します。

 

日時 2010年11月21日

    午後3時~午後5時

会場 山口グランドホテル  

    山口市小郡黄金町1-1

    JR新山口駅 新幹線口前

会費 4000円

 

    獺祭の全アイテムが飲むことが出来ます。

    獺祭をより知っていただけるいい機会だと思います。

 

お申し込みは 旭酒造株式会社又は

         こちらからも申し込み出来ます。下記

https://rise-information.com/event/EventDetails.aspx?P1=00006&P2=001&P3=a

 

 

 

2010年7月26日 (月)

新丸ビル ムスムス

 

新丸ビルの7階丸の内ハウスにあります

ムスムスさんで会食

 

日中暑かったのですが、夜になると風が出て来て

丁度いいです。

 

Dscn3733

ムスムスさんのテラスで、東京駅前の夜景を

見ながら、

(涼しいです、電車の音、アナウンスも聞こえない

んです)

 

こんな夜は、

獺祭発泡にごりでしょう。

 

2010年7月22日 (木)

獺祭の贈り物

 

お中元というのをあまりしないのですが、

今年半期にお世話になった方へ、贈る時に

仕事柄お酒以外という場合もあるのですが、

 

日本酒を送る時、今年はこれです。

180ml3_1

180mlの3本入りです。

180では少ないとも言われますが、

獺祭磨き二割三分

獺祭磨き三割九分

獺祭磨き50

の3本、飲み応えもあります。

(1日4合以上飲む方にはお勧めできませんが)

 

日本酒を知っていただく方、いいお酒を少しだけ

飲みたい方には好評です。

 

インターネットで購入したお店は

美好屋酒店さんと小野酒店さんで今回購入しました

この300ml3本入りインターネットで購入出来る酒屋

さんが少ないのです。

 

喜ばれる商品ですよ。

 

 

2010年7月21日 (水)

山口

 

7月10,11日と山口に

広島空港から、貸切バスで山口県岩国市を目指します。

 

今回は

山口県岩国市にあります、獺祭醸造元旭酒造さんの

かわうそ寄席と蔵見学です。

 

Kc3b0602

寄席の前に昼食を

錦帯橋のふもとにあります、

岩国観光ホテルにて「岩国寿司定食」を頂きました。

 

本当は獺祭も1杯飲みたかったのですが、

この後の寄席を考えて、懇親会もありますので、

自粛しました。

 

岩国寿司は押し寿司で、2,3人前の木枠に入れて

作るのだそうで、岩国名物の蓮根なども入って

いました。

 

 

Kc3b0603

昼食後は、錦川に掛かる錦帯橋を渡りました、

錦川は鵜飼もあるそうです。

 

因みに通行料は往復で300円です。

 

錦帯橋を見た後に、

かわうそ寄席の会場、

獺祭さんの精米所へ向かいました。

 

精米所は既に準備が出来ていました。

寄席の前に、精米機の説明をしていただきました。

新中野工業社製の最新鋭の竪型精米機

精米する時に使う砥石はノリタケ社のセラミックを

使用しています。

 

午後3時半から三遊亭鳳楽師匠の落語を2話

お聞きしてから、懇親会

Kc3b0606

 

懇親会終了後、宿泊の徳山へ

 

徳山の夜を楽しみました。

 

 

そして翌日は、蔵見学と昼食はふぐをいただき

広島空港に戻り、飛行機で羽田空港へ、

 

飲んで、食べて、笑った2日間でした。

 

今回もトップツアーさんにご無理を言いまして、

価格も手ごろにしていただきました。

 

 

2010年5月11日 (火)

京都に

 

京都にて

獺祭を楽しむ会がありまして、

お手伝いにお伺いしてきました。

 

スタッフのご苦労さん会は、

先斗町で、川床で  

Dscn3522_1

まだ、日も高いのですが、

お疲れ様会を、

鴨川の心地いい風が爽やかでした。

 

Dscn3519_1_2

獺祭を飲みながら、時間も過ぎていきました。

Dscn3528_1

 

Dscn3530_1

鴨川の川原には

カップルが等間隔に! 

 

食事の後、先斗町を散策しました。

 

 

 

 

より以前の記事一覧