• Img_1663

書籍・雑誌

2014年2月 4日 (火)

散歩の達人

最近日本酒に関する本が出ています。

飲み歩きも含めてですが、

1月20日に出ました、散歩の達人もお勧めです。

都内の飲食店さんも載っていまして、お勧めの一冊です。

Photo

40歳からの東京酒場ですが、

40歳で無くてもお勧めで日本酒の楽しめるお店も

BARなども載っています。

 

 

Photo_2

ホットワインのお店も

 

Photo_3

お勧めの日本酒の載っています。

是非見てみて下さい。

 

 

 

http://www.youtube.com/watch?v=Ch7Zup0ehPM

2010年11月 3日 (水)

週刊大衆

 

11月1日発売の週刊大衆の特集

 

美人蔵元が造る旨い日本酒12

 

Dscn4016

月の井さん初緑さんも出ていました。

 

この季節、雑誌の日本酒特集が増えてきてます。

 

2010年6月30日 (水)

鎌倉河岸捕物控

 

NHKの土曜時代劇で

まっすぐ鎌倉河岸捕物控が放映中ですが、

 

初回だけ見ましたが、後はなかなかみれません。 

 

新聞で、題目だけ見るだけで、

 

移動の間に、文庫本を

見れない分だけ、読んでいます。

 

物語の舞台になっている、鎌倉河岸、日本橋、深川方面

など、

つい、気になって回りの旧町名などを探してしまいます。

 

 

16巻まで発行していますが、

まだ、5巻

 

先は遠いです。

 

 

2010年6月24日 (木)

Huge ヒュージ8月号

 

講談社から出ています

HugE ヒュージ8月号が本日発売になりました。

 

その中に、

毎月2木の会の会場でお世話になっています

新丸ビル7階の、

ムスムス、来夢来人、ロックアラウンドザクロック

の佐藤 としひろ社長が出ています。

 

佐藤社長の35年のエピソードも入れての

お店の活躍が記されています。

是非、ご購読下さい。

 

楽しいです。

 

2009年11月29日 (日)

純米酒BOOK

 

21日に、尊敬する 山本洋子さんの

「純米酒BOOK」の出版記念パーティが

東京でありまして、出席してきました。

 

会場は池尻大橋にあります某お店です。

 

Dscn2543

すでに、雰囲気は!

 

Dscn2541

山本洋子さんは1冊づつ、サインをしていました。

Dscn2568

いい言葉です。

さすがですね。

 

6時からの始まりで、

酒類の流通を研究されている大先輩で

小島 稔さんの乾杯で開宴です。

 

 

続いて、参加されている酒蔵さんのご紹介が

Dscn2549_2

沼津市の白隠正宗の高嶋さん

沼津から高速バスで駆けつけてくれました。

3年前の静岡県の杜氏持寄の時のお酒で

その時は1位だったお酒だそうです。

高嶋さんが最初に作った、雄町の純大です。

やわらかな味わいで、甘みがあるお酒です。

 

 

Dscn2553

新潟県の鶴齢の阿部さん

山本さんの本にも載っています

「雪譜(せっぷ)」という純米酒です。

新潟県産五百万石を使っています。

地元で発売しているお酒です。

鶴齢さんの地元塩沢には

北越雪譜という本を書いた鈴木牧之という方が

いらっしゃって、鶴齢さんも鈴木牧之と関係が

あって、「雪譜(せっぷ)」というお酒を作った

そうです。

 

Dscn2555

掛川市の開運の土井弥市さん

2日前に上槽したばかりの「純米無濾過生」を

お持ちいただきました。

今期の作りは波瀬杜氏が亡くなり、若手で最初の

造りで不安もあったそうですが、

昨年同様に新酒のフレッシュさと旨みのある

純米酒に出来上がっていました。

やはり 開運 と思う味わいでした!

 

次々に挨拶があり、

 

お酒と料理と皆さんとのお話で楽しみ倍増でした。

 

 Dscn2564_2

お店のお母さんからもご挨拶もいただきました。

 

楽しい時間もあっという間に過ぎるもので

瞬く間のパーティでした。

 

 

純米酒BOOK

純米酒BOOK

著者:山本洋子

純米酒BOOK

 

 

2009年6月12日 (金)

お酒関連本

「夏でもおいしい麹甘酒で健康になる」

という本を購入しました。発行所は小学館です。

著者は山下 くに子さん

ご存知の方もいらしゃると思いますが、フリーアナ                  ウンサーでお酒の番組を山口放送、秋田放送な                   どで、オンエアーしています。獺祭新酒の会の司                  会もしていただいていて、お酒の会などでもお逢                   いする機会があります。           

監修は小泉 武夫さん

醗酵についての権威で、数々の本を出されています。

Photo_2

昔から甘酒は飲む化粧品といわれていたとこので

この本にも始まりに書かれていました。

中はこれからですが、麹甘酒を作ってみたいと

思っています。

 

夏でもおいしい麹甘酒で元気になる (ホーム・メディカ・ブックス・ビジュアル版) 夏でもおいしい麹甘酒で元気になる (ホーム・メディカ・ブックス・ビジュアル版)

著者:山下 くに子
販売元:小学館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

2008年5月 1日 (木)

オレンジページ

お勧めの本です。愛読していますが、、、

男の料理マニュアル2 とまらない酒と肴

オレンジページより出ている本です。

友人の浜松の立ち飲み屋に昨日も夜中に本を持ち込み、
イカのトマトソース煮込みを作って頂いた。
無理に作ってもらった画像は撮らずに胃袋に収めましたが
美味しかった。

友人は燻製に興味を持ち来週から燻製メニューが出るらしい

楽しみがまた増えた。

愛読書だがまだ1品も作ってはいない。
人に作らせるが一番いいと思っている。

Dscn0627